なおこ胃腸内科クリニック

電話アイコン電話する アクセス

当院で行う検査

CHECKUP

CHECKUP当院で行う検査の特徴

当院で行う検査の特徴

苦痛の少ない内視鏡検査

1. 消化器内視鏡学会専門医が検査を行います。

当院では、鹿児島市内の基幹病院で、消化器内視鏡学会指導医として豊富な内視鏡検査の経験を積んだ女性の内視鏡専門医が、精度が高く苦痛の少ない検査を行います。

2. 鎮静剤を使用して行います。

当院では、胃カメラ、大腸カメラともご希望の患者さまには注射の鎮静剤を用いて、楽に検査が受けられるようにしています。その場合、当日はお車の運転ができませんので、ご注意ください。

3. CO2送気システムにより、腹満感を軽減します。

内視鏡検査中には、胃や腸管内に空気を入れる必要がありますが、検査後のお腹の張りや不快感が生じることがあります。二酸化炭素(CO2)は、体への吸収や排出が空気よりも早いため、CO2送気システムを用いることで、検査後のお腹の張りや不快感をより早く軽減することができます。

最新かつ最上位の内視鏡システム

当院では、オリンパス社の最上位機種である、EVIS LUCERA ELITEを導入し、高画質で精度の高い内視鏡検査を行います。通常の観察に加え、特殊光を用いた観察を行うことができ、早期がんの発見や診断に役立ちます。

小腸カプセル内視鏡検査

小腸カプセル内視鏡検査

当院は、鹿児島市内のクリニックで初めてとなる、小腸カプセル内視鏡検査を導入いたしました。小腸カプセル内視鏡検査とは、カプセルを口から飲んで、胃や小腸を通過しながら画像を撮影する検査です。患者さまはカプセルを飲むだけで、苦痛なく小腸の観察を行うことができます。
カプセル内視鏡検査を導入することにより、当院では、食道、胃、小腸、大腸と全ての消化管を検査することができます。

日帰りポリープ切除

大腸内視鏡検査中に、内視鏡で切除可能なポリープを発見した場合は、その場で切除することもできます。日帰りでの切除のため、安全に切除できると判断されるポリープが対象です。

女性医師による検査

女性医師による検査

当院では女性の内視鏡専門医が検査を行います。また、スタッフも全て女性です。大腸内視鏡検査など、これまで検査に抵抗のあった女性の患者さまにも、安心して検査を受けていただけるよう努めてまいります。検査について、心配なことや疑問点などありましたら、遠慮なくご相談ください。

CHECKUP上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

上部消化管内視鏡検査は一般的には胃カメラと呼ばれていますが、咽頭、食道、胃、十二指腸までを観察する検査です。近年の内視鏡検査は、機器や診断技術が格段に進歩しており、がんの早期発見にはなくてはならない検査です。
当院では苦痛が少なく、精度の高い内視鏡検査を行うよう努めてまいります。

CHECKUP下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

下部消化管内視鏡検査は、肛門から内視鏡を挿入して、大腸内を直接観察する検査です。盲腸あるいは回腸末端まで挿入し、抜きながら大腸の粘膜を詳しく観察します。外来で切除可能なポリープを発見した場合は、その場で切除も可能です。

当院は、大腸がん検診精密検査実施協力医療機関です。

CHECKUP小腸カプセル内視鏡検査

小腸カプセル内視鏡検査とは?

超小型カメラを内蔵した大きめのビタミン剤くらい(26mm×16mm)のカプセルを口から飲んで、胃や小腸を通過しながら画像を撮影する検査です。患者さまはカプセルを飲むだけで、苦痛なく小腸の観察を行うことができます。撮影した画像をもとに、小腸に病気がないかを診断します。

市内では、カプセル内視鏡を導入しているクリニックは当院のみとなります。院長はカプセル内視鏡学会認定医で、これまで300例以上の経験があります。

CHECKUP腹部超音波検査(腹部エコー)

腹部超音波検査は、超音波を用いておなかの中をみる検査です。肝臓、胆嚢、胆管、膵臓、腎臓、膀胱、前立腺や子宮などに加え、消化管(胃、腸管)も観察できます。腹部超音波検査は、患者さまの苦痛や被曝がなく、リアルタイムに動きを観察できるなどのメリットがあります。

CHECKUP一般X線検査

主に胸部や腹部などにX線を照射して体内の状態を調べる検査です。当院のX線検査はCR装置によるデジタル撮影を行うことで、被曝量を減らした検査ができます。