なおこ胃腸内科クリニック

電話アイコン電話する アクセス

当院で行う検査

CHECKUP

CHECKUP当院の内視鏡検査の特徴

苦痛の少ない内視鏡検査

1.消化器内視鏡学会専門医が検査を行います。

当院では、鹿児島市内の基幹病院で、消化器内視鏡学会指導医として豊富な内視鏡検査の経験を積んだ女性の内視鏡専門医が、精度が高く苦痛の少ない検査を行います。

2.鎮静剤を使用して行います。

当院では、胃カメラ、大腸カメラともご希望の患者さまには注射の鎮静剤を用いて、楽に検査が受けられるようにしています。その場合、当日はお車の運転ができませんので、ご注意ください。

3.CO2送気システムにより、腹満感を軽減します。

内視鏡検査中には、胃や腸管内に空気を入れる必要がありますが、検査後のお腹の張りや不快感が生じることがあります。二酸化炭素(CO2)は、体への吸収や排出が空気よりも早いため、CO2送気システムを用いることで、検査後のお腹の張りや不快感をより早く軽減することができます。

最新かつ最上位の内視鏡システム

当院では、オリンパス社の最上位機種である、EVIS LUCERA ELITEを導入し、高画質で精度の高い内視鏡検査を行います。通常の観察に加え、特殊光を用いた観察を行うことができ、早期がんの発見や診断に役立ちます。

CHECKUP当院の内視鏡検査の特徴

内視鏡ビデオスコープシステム オリンパス社製 EVISLUCERAELITE

内視鏡ビデオスコープシステム
当院の内視鏡システムはオリンパス社製の最上位機種で、主に基幹病院で用いられています。高画質で、通常の観察に加え、NBIという技術を用いた特殊光観察を行うことができます。NBIとはNarrow Band Imaging (狭帯域光観察)の略で、特殊な光を使って粘膜表面を観察することで、がんの早期発見や診断に役立ちます。 NBIを用いる検査は、内視鏡の画像をボタン一つで切り替えるだけでできるので、患者さまは通常の内視鏡検査と変わらずに検査を受けていただけます。

上部消化管用ビデオスコープ GIF-H290Z

上部消化管用ビデオスコープ
上部消化管内視鏡検査用のスコープです。NBI観察と組み合わせた高倍率の拡大観察を行うことができ、先端部外径の細径化により患者さまの負担を軽減します。

下部消化管用ビデオスコープ PCF-H290ZI

下部消化管用ビデオスコープ
下部消化管内視鏡検査用のスコープです。NBI観察と組み合わせた高倍率の拡大観察を行うことができ、オリンパス独自技術で挿入性の向上と患者様の苦痛軽減をサポートします。

内視鏡用炭酸ガス送気装置 UCR

内視鏡用炭酸ガス送気装置
内視鏡検査中には、胃や腸管内に空気を入れる必要がありますが、検査後のお腹の張りや不快感が生じることがあります。二酸化炭素(CO2)は、体への吸収や排出が空気よりも早いため、CO2送気システムを用いることで、検査後のお腹の張りや不快感をより早く軽減することができます。

内視鏡洗浄消毒装置 OER-4

内視鏡洗浄消毒装置
当院では、患者様に安心して検査を受けていただけるよう、内視鏡学会のガイドラインに従い、1回の検査ごとに洗浄消毒を行なっております。