なおこ胃腸内科クリニック

電話アイコン電話する アクセス

当院で行う検査

CHECKUP

CHECKUP下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

次のような症状がある方は検査をおすすめします

  • 便に血が混じる
  • 赤い便が出る
  • 下痢や便秘が続く
  • 以前にポリープを指摘されたことがある
  • 腹痛や腹部膨満感など

下部消化管内視鏡検査の流れ

大腸内視鏡検査は来院後の予約制としています。大腸内視鏡検査は、前日からの検査の準備が必要ですので、受診していただき検査の詳しい説明を行います。
また、定期的にお薬を内服されている方は、お薬手帳をお持ちください。血液がサラサラになるお薬(抗血栓薬)や、糖尿病薬を飲まれている方はお申し出ください。
鎮静薬の使用をご希望の方は、お車では来院されないようお願いします。

検査前日

前日は消化の良い食事を食べていただきます。きのこや海藻、種の多いものや繊維の多い食べ物は避けてください。前日夜には液体の下剤を内服します。

検査当日
1. 前処置
検査当日朝は絶食となります。検査の前処置として、腸管洗浄剤(下剤)を内服していただきます。通常は液体の下剤を内服していただきますが、液体の下剤を飲みにくい方には、錠剤の下剤も選べるようになっています。
詳しくは、スタッフにお尋ねください。
また、当日の前処置は、自宅でも内服していただけます。自宅での内服が不安な方や、遠方の方はクリニック内での内服をお勧めします。
下剤を内服していただき、腸液がほぼ透明になったら検査が可能です。
2. 検査室での流れ
着替えをしていただき、検査室にご案内します。検査の際に鎮静剤をご希望の方は、静脈注射で鎮静剤の投与を行います。
検査時間は20-30分程度です。ポリープを切除する場合は、時間がかかる場合もあります。
3. 検査後
リカバリールームで1時間ほど休んでいただきます。
目が覚めたら、診察室で内視鏡画像をお見せして検査結果の説明を行います。